もてる仕草

もてる仕草

もてる為に、もてる仕草を身に着けましょう。

もてる仕草とは、ちょっとした行動で決して難しい事ではありません。

例えば、男性の場合なら、女性と一緒に居る際、ドアがスッとスムーズに開けてあげるのです。 喫茶店やレストランに入った際には、ソファー側の椅子を目配せで譲ったり、手の平を上にしてソファ側の方を指せば良いのです。

ただし、外国育ち?と思わせるような派手はパフォーマンスはいりません。

コートを着せてあげたりしても、親密な関係でなければ、気持ち悪がられてしまう場合があるからです。

女性の場合、一緒に歩いていて、細い路地などに入った時には一歩引くのが良いでしょう。

その時男性が、先にどうぞと言うジェスチャーをしてくれたら「ありがとう」と言って前に出れば良いのです。

自分に自信のある女性に多いのが、颯爽と歩いていて男性と対等という感じを醸し出している事です。

格好良いですが、モテたければそこは一歩引いた女性という立場に徹しましょう。 仕事は出来て女性らしい、というのが素敵だと思います。

社内にエレベーターや階段などある場合、女性が先頭で乗っていたり、先を歩いていたら、異性としては見てもらえません。

男性は、エレベーターのボタンを押したり、扉が開いたら閉まらない様に扉を押さえておいてあげる様な事をすれば、自然にもてると思います。

相手を思いやる気持ちが伝われば、好感を持たれてもてる事に繋がるのです。

スポンサードリンク