コンプレックスを利用してもてる

コンプレックスを利用してもてる

頭の画像

誰でもコンプレックスの1つくらいは持っていると思います。 コンプレックスとは、簡単に言えば劣等感です。

例えば、人よりも鼻が低いのが気になるとか、一重で嫌だとか、そういう事です。 人はコンプレックスを他人に知られない様に隠してしまいます。 でも、誰にでもあるコンプレックスを利用して、モテている人も居るのです。

その方法は至ってシンプルなものです。

いさぎよく自分のコンプレックスをカミングアウトするだけです。 しかし、本当にコンプレックスに思っている事は無理して言う必要はありませんよ。

仮に、女性が背の低さや、少し太っていることで悩んでいたとします。

その時、自分はお腹が出ているのがコンプレックスなんだとか、足が短いんだとか、実は髪が薄いんだとか言ってみるのです。

他人から見れば、そんな事ないと思うかもしれません。 しかし、自分ではコンプレックスで昔から嫌だったと言えば、人それぞれ皆コンプレックスがあるのだと相手はわかってくれます。

もしそこで『私も○○がコンプレックスなの』と言う言葉が女性から出た場合は、他人から見ると気にならなくても、本人にとっては大問題だという事、気持ちが良く分かるという事と伝えるのです。最後に、自分から見て、その人のコンプレックスは気にならないと伝えることが重要でしょう。

そんな風に言ってくれる男性がもてない訳がありません。 話した後、癒された気持ちにすらなることでしょう。

要は、前向きにポジティブに生きている人に、惹かれるという心理を使ったテクニックです。 この様なテクニックを上手に使って、異性を癒してみるのももてる早道かもしれませんね。

スポンサードリンク